蒙古字韻研究 訓民正音とパスパ文字の関係を解明するために

  • 鄭光著 廣剛訳
  • 制作:オークラ情報サービス

元の始祖フビライ・ハンの命で制定された『パスパ文字』と訓民正音の関係を、パスパ文字のベースとされるチベット文字との比較を踏まえて論じた好著の日本語訳。

第一部 蒙古字韻研究‐訓民正音とパスパ文字の関係を解明するために

第一章 序論

第二章 『蒙古字韻』の編纂と内容

一 『蒙古字韻』の刊本

二 原刊と編著

三 『蒙古字韻』の編纂目的

四 『蒙古字韻』

五 『四声通解』蒙韻から見た『蒙古韻略』と『蒙古字韻』

六 『蒙古字韻』と『新刊韻略』及び『中原音韻』

七 『古今韻会挙要』との関係

八 『蒙古字韻』の異本

第三章 大英図書館所蔵『蒙古字韻』のロンドン写本

一 ロンドン写本の書誌事項

二 ロンドン写本の体裁

三 ロンドン写本の誤謬

四 ロンドン写本の影印出版

五 ロンドン写本の筆写時期

第四章 パスパ文字の制定と『蒙古字韻』

一 歴史的に見た蒙古周辺の表音文字

二 パクパ・ラマの吐蕃

三 パスパ文字とチベット文字

四 パスパ文字の制定時期

五 パスパ文字制定の目的

六 パスパ文字の使用と伝播

七 パスパ文字の子音

八 パスパ文字の母音

九 パスパ文字の字母

第五章 パスパ文字と訓民正音

一 パスパ文字の制定と訓民正音の創製

二 パスパ文字三十六字母と訓民正音十七初声字

三 訓民正音の中声十一文字と蒙古字韻の喩母七字

四 訓民正音の字形の独創性

第六章 結論

一 『蒙古字韻』の編纂

二 『蒙古字韻』のロンドン写本

三 パスパ文字と『蒙古字韻』

四 パスパ文字と訓民正音

第二部 『蒙古字韻』のロンドン写本の影印

蒙古字韻研究

  • 商品種別:書籍
  • 言語:日本語
  • 発行国:日本
  • 分野:言語・文学
  • 2015年8月10日公開
  • 発行日:2015年4月30日
  • 価格:5,400円 (税込)

ページトップへ戻る